2015年12月28日

欧州MBAランキング−イギリス

※追記あり
グローバルMBAランキングとしてもっとも参照されるランキングであるEconomistの2015年ランキングをもとに、イギリス国内のMBAランキングを作成しました(カッコ内はグローバルの順位)。

経営学修士(MBA) ブログランキングへ

留学 ブログランキングへ
1位(18)ウォリックビジネススクール
University of Warwick – Warwick Business School
2位(22)ヘンリービジネススクール
Henley Business School
3位(24)ロンドンビジネススクール
London Business School
4位(48)ストラスクライドビジネススクール
University of Strathclyde – Strathclyde Business School
5位(52)クランフィールドスクールオブマネジメント
Cranfield School of Management
6位(54)シティ大学キャスビジネススクール
City University – Cass Business School
7位(61)ケンブリッジ大学ジャッジビジネススクール
University of Cambridge – Judge Business School
8位(64)バース大学スクールオブマネジメント
University of Bath – School of Management
9位(68)ダラム大学ビジネススクール
Durham University – Durham University Business School
10位(74)ノッティンガム大学ビジネススクール
University of Nottingham – Nottingham University Business School

イギリスのビジネススクールが、フランス、スペインといったヨーロッパの他の国と比べて違うことは、イギリスの大学は日本でも結構知られているところが多いという点です。ですので、その中であまり知名度のない学校を選ぶと、日本に帰ってきてから人に話した時に「聞いたことないなあ」感が強くなってしまうというリスクがあります。

上記のランキングに入っている大学で、日本でも知られている大学といえば、1位のウォリック大学(ワーリックとは読みません。)、3位のロンドンビジネススクール、7位のケンブリッジ大学、8位のバース大学、9位のダラム大学くらいでしょうか。他の学校は、イギリス留学を検討したか、知人に留学した人がいないとなかなか知らないと思います。

1位のウォリック大学はイギリスの名門大学の1つです。ビジネススクールが評価され始めたのは最近ですが、学部はイギリス国内でも高く評価されています。どのようなランキングかにもよりますが、大体ベスト10には入ると思います。ビジネススクールの学費は57,267米ドルと高めの設定です。クラスサイズは50名程度、平均GMATスコアは656点とやや高め、平均年齢は30歳です。今年のエコノミストでは高いランクになっていますが、MBAの評価はまだ大学学部の評価にぎりぎり追いついていないと思われますので、狙うなら今のうちだと思います。

2位のヘンリービジネススクールはレディング大学(Reading University)の運営するビジネススクールであり、世界的にはこのように高く評価されていますが、レディング大学自体はイギリス国内の総合ランキングでベスト30くらいでしょうか。日本ではほとんど知られてないと思います(知らない人はリーディング大学と読む。)。その意味で、日本人の中での競争率は低いかもしれません。学費は51,606米ドルです。平均GMATは600点です(ただし、Henley Business Schoolはイギリスのトップビジネススクールでは珍しくGMATなしで受験可能です。)。一学年のサイズは40〜50人程度と少人数です。平均年齢はエコノミストでは33歳となっています。ロンドンから少し離れていますが、離れすぎていない立地も○。広大なキャンパスはいかにもイギリスの大学風で、好きな人は好きかもしれません。GMAT不要のトップスクールとしておすすめの学校です。

4位のストラスクライド大学も同様に日本ではあまり知られていない学校です。イギリスというかスコットランドの大学です。学費は46,612米ドルです。平均GMATスコアは610点、クラスサイズは50人程度、平均年齢は30歳程度です。日本での知名度はレディング大学よりも更に低いと思いますが、世界的には評価されているということをアピールできれば、日本の就職でも有利に働くでしょう。StrathclydeもHenleyと同じくイギリスで狙い目のビジネススクールです。ただ、スコットランドではエディンバラ大学の方が大学の評価は高く、日本での知名度も高いので、エディンバラを目指すのも良いと思います(ただし、やはりビジネススクールは始まったばかりです。)。

5位のクランフィールドは、大学のレベルで言うと大体イギリスで20位以内に入るか入らないかというくらいの大学ですが、MBAは高く評価されています。これは2位のヘンリービジネススクールや、6位のキャスビジネススクールも同じなのですが、運営主体の大学よりもビジネススクールの方が相対的に高く評価されているパターンです。国内評価と国際評価に差があると言い換えてもいいかもしれません。これは、これらの大学(新興であることが多い)が早い段階からビジネススクールに集中的に資本投下し、エコノミストやフィナンシャル・タイムズのランキング手法で高く評価されるよう学校の改良を進めてきたからにほかなりません。逆に、オックスブリッジやダラム大学などは、大学自体が長い伝統を兼ね備えた名門とみなされているため、ビジネススクール経営については最近まであまりまじめに取り組んでこなかったと言えます。これが、特にイギリスにおいて大学自体の国内評価とビジネススクールの国際評価の間に逆転現象が起こっている理由かと思います。

これを踏まえ、イギリスのビジネススクール選びの戦略としては、@大学自体は有名だが、ビジネススクールの評価はまだ低い学校を狙う、または、A大学自体の知名度は低いが、ビジネススクールは高く評価されている学校を狙う、という2つの戦略が考えられます。

@に当てはまる大学としてはダラム大学、ウォリック大学、エディンバラ大学、バース大学、エクスター大学、ランカスター大学、バーミンガム大学などがあります。これらはイギリス国内の名門大学ですが、ビジネススクールというとあまり有名ではありません。少し前まではオックスブリッジもこのカテゴリだったかと思いますが、ここ最近はビジネススクールも高く評価されていますので、名実ともに難関校になってしまいました。ウォリックもすでにビジネススクールの評価が大学の評価に追いつきつつあり、今後入学難易度がさらに高まってくると思われます。

Aに当てはまる大学としては、レディング大学、クランフィールド大学、シティ大学が挙げられるでしょう。

どちらが正解というわけではないですが、せっかく日本でも(MBA受験生界隈でなく、世間一般に)知られた大学に入れるチャンスが有るのであれば、@の大学群に入った方がいいと思います。このブログでは帰国後は日本で就職することを前提に、(海外ではなく)日本における、(ビジネススクールだけでなく)運営大学の知名度を重視することを基本スタンスとしているからです。

なお、@の大学群は、たまたま現在ビジネススクールの評価が大学の評価に追いついていないだけで、いずれその差はビジネススクールの合格難易度が上昇して消滅してしまうことが予想されますので、狙うなら早い方がいいです。

上記のランキングに入っていない学校では、ロンドン大学を構成するロンドン・スクール・オブ・エコノミクス(LSE)、キングス・カレッジ・ロンドン(King'sないしKCL)、ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン(UCL)が有名ですが、これらの大学はMBAプログラムを置いていません(LSEは他校と合同でEMBAプログラムを置いています。)。

イギリスのビジネススクールはロンドンビジネススクールを除きほとんど9月または10月始まりの1年間コースです。ただ、学費は他のヨーロッパの学校に比べると高めであり(ポンドが高いせいもある)、特に都市部は家賃も高いので、全体コストは高くなると思います。また、全体的に日本より寒い都市が多く、ご飯もまずいです。ただ、街中どこでも英語が使えるというメリットはあります。家族連れで留学する場合、こういった事情も学校選びの重要な要素になると思います。

イギリス大学院MBA留学体験記



イギリス留学VISAや引越し手続き、入国手続についてはこの本が参考になりました。

posted by しゃっきー at 01:52| Comment(0) | 欧州MBAランキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月27日

TOEFL攻略法−裏ワザ集

今日は、TOEFLの裏ワザを紹介します。もっともここで紹介する幾つかの方法はTOEFLの公式ルール上アウトのものも含まれますので、決して真似しないでください。なお、執筆者がこれらの方法を試したわけではありません。

TOEFL攻略裏技その1 複数アカウント作成


TOEFLの裏ワザと聞いてみなさんが一番最初に思い浮かべるのは、ライティングやスピーキングのテンプレートを準備することかも知れません。しかし、この記事ではそんなぬるい方法は書きません。むしろテンプレートを用意するのは「正攻法」と言えます。TOEFL対策は、アカウント作成時から始まります。

TOEFLには「12日間に1回の受験制限」があります。これは、試験日と試験日の間が最短12日以上空いていないといけないという決まりです。試験日と試験日の間が中12日間空いていないといけないのか、中11日空いていないといけないのか、という問題はありますが(おそらく後者)、通常土日しかTOEFLを受験できない社会人にとっては、このルールは、実質的にTOEFLは2週間に1回しか受けられないということを意味しています。1月に2回も受けられれば十分と思われるかもしれませんが、TOEFL受験は通常1ヶ月以上前に予約する必要があります。すると、忙しい社会人は、受験日直前で仕事の予定が入ったり、前日まで忙しくてまったくTOEFLの勉強ができないという事態がしばしば起こります。こうして月2回のうち1回でも欠席したり、実力を出し切れなかったりすると、その月は実質的に一度しか受験のチャンスがないことになってしまいます。TOEFLはMBA受験の前提にすぎません。TOEFLに多くの時間を費やしてしまうのは危険です。そのため、時間のない社会人にとって12日に1回ルールは大きな制約となるのです。

しかし、この12日に1回しか受験できないというTOEFLの謎ルールは簡単に回避可能です。その方法が、TOEFLの受験アカウントを2つ作成することです。こうしておけば、一つ目のアカウントで予約をした次の週に別のアカウントBで予約を入れ、これを交互に繰り返すことでなんと毎週TOEFLが受けられてしまうのです。もちろん、どちらのアカウントも個人情報は正確に登録する必要がありますが、どうもTOEFLのシステムでは入力内容での情報重複のチェックはしていないようなのです。これは、ある受験生が、もともと持っていたアカウントでTOEFLの予約をしようとしたところ、パスワードが思い出せず、新規にアカウントを登録して受験を予約したものの、その後もともとのアカウントのパスワードを思い出したので、試しに新アカウントで予約した次の週のTOEFLを予約しようと試したところ、なんの問題もなく予約できたという話を元にしています。ただし、これは明らかに12日に1回ルールを潜脱するものですので、TOEFLの公式ルールに違反するものです。悪用した場合不利益が生じる可能性がありますので、決して真似しないでください

TOEFL攻略裏技その2 会場選び


最近の英語学習熱の高まりと、TOEICからTOEFLへの受験生流入増から、TOEFLの受験会場を確保するのは一苦労です。人気の会場は数カ月前から予約しないとすぐにいっぱいになってしまい、東京の外れの会場や千葉・茨城の方まで行かないと受験できないという事態も発生しています。もっとも、TOEFL受験会場の不足問題は最近になって御茶ノ水ソラシティが会場に加わったことでだいぶ解消されました。ソラシティはTOEFL用の広い試験会場を備えており、荷物ロッカー完備、ひとりひとりのパソコンブースも広く、しかも受験生が背中合わせで試験を受けるレイアウトになっているので、他の受験生の存在に集中力をそがれることも少ないです。受験環境としては非常に快適です。収容人数も多いためソラシティを好んで予約するTOEFL受験者も多いです。他方、昔からある受験会場は、都内の大学や専門学校の教室を借りたものが多く、一つ一つの受験ブースも狭く、周りの受験生のスピーキングの回答も丸聞こえだったりします。さらに、机が高校の教室のようにすべて前を向いている場合、前のパソコンに表示されたスピーキングの問題が後ろから丸見えになっていることもあります。このような事情から、あえて最新設備の揃ったソラシティではなく、狭い古い会場を選ぶ受験生もいるとのことです。どちらを選ぶかは受験生次第ですが、前の受験生のパソコンモニタに表示されたスピーキングの問題を覗く行為は受験生に不利益を及ぼす可能性がありますので、絶対に真似しないでください

TOEFL攻略裏技その3 受験会場到着時間


TOEFLはIELTSやTOEICテストと違い、パソコンでひとりずつ受験しますので、受験会場に受験生が集まるからといって、一斉にテストを開始するわけではなく、受験会場に到着し、受付を済ませた順にひとりずつ開始し、終わった人から帰っていきます。ですので、一番最初に開始する人と、一番最後に開始する人とでは最大1時間位タイムラグが生じます。では、なるべく早く開始するのと遅く開始するのでは、どちらがよいのでしょうか。これはできるだけ遅く開始するのがいいと思います。まず、TOEFLのテストを開始する間に、マイクテストの時間があり、受験生がマイクに向かって声を出す時間があるのですが(だいたいみんなI live in Tokyoを繰り返す。)、これが非常にうるさいです。先に入ってリーディングの問題を解いている時に、あとから来た受験生がI live in Tokyoをやりだすと、全然集中できません。さらに、自分がライティングをしている時にまわりがスピーキングの問題を解いているとやはり全然集中できません。これに対し、一番最後に試験会場に入室すれば、周りは既にリーディングの真っ最中ですので、周りの音に惑わされることなくリーディングに集中できます。さらに、自分がリスニングの第3問(ダミー問題)を解いている時に、周りがスピーキングの問題を解いているので、聞き耳を立てることでスピーキングの問題を予想し、自分の回答を組み立てることが出来ます。したがって、試験会場にはなるべく遅く入室するのがよいと思われます。リスニング問題中に周りのスピーキング回答を聞くというのは、結構紹介されているテクニックですが、あからさまにやればこれもチーティングの一種ですので、絶対に真似しないでください。

TOEFL攻略裏技その4 リスニングのダミー問題


リスニング問題は、A学生と大学職員または教授の会話、Bレクチャー、Cレクチャーの3問1セットが3セット出題されます。この内3セット目はいわゆるダミー問題です。ダミー問題は、回答しても採点されません。したがって一生懸命解くだけ労力の無駄ですので適当に回答してスピーキングとライティングの準備をしましょう。具体的には、用意してきたテンプレートをメモ用紙に書き込み、スピーキング問題ではその書かれたテンプレートを見ながら回答します。またライティングも、思い出しながら書くより見ながら書いたほうがいいので、これも可能なかぎり用意してきたテンプレをメモに書いておきましょう。そして時間が余ったら周りの声に耳を澄まし、スピーキングでどんな問題が問われているのかを予測し、解答を準備しておきます。これがダミー問題が流れている時間の一番有意義な使い方です。

TOEFL攻略裏技その5 リスコア


TOEFLの採点のうち、スピーキングとライティングは客観的な正解がなく、評価が難しいです。TOEFLではかなり厳密なスコア基準が定められているため、採点者(一部はコンピュータ採点)による採点の差はほとんどないと言われていますが、それでもやはり小さな差異はあるようです。そのため、TOEFLにはリスコア(再採点)という制度が用意されています。これは、スピーキングとライティングのスコアについて一度だけ再採点を申し込むことができるという制度です。これもけっこう広く紹介されているテクニックですが知らない人も多いようですので念のため紹介しておきます。リスコアは、点数が下がる可能性もあるため、これを申し込むかどうかは難しい判断が伴うのですが、スコアが下がることより上がることのほうが多いように思われます。しかも、2,3点位は簡単に上がるので、ベストスコアと同じだった、ベストスコアよりも下がった、といった場合には積極的に活用すべきです。採点してスコアが変わった場合、リスコア代は返金されます。リスコアの申し込みは、申込用紙を所定の番号にFAXすることで行います。
posted by しゃっきー at 18:45| Comment(0) | TOEFL対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月20日

30代私費受験生のためのMBAの選び方・入り方

世の中にビジネススクールはたくさんありますが、どのビジネススクールに行くかを選択するのは結構難しいです。社費で留学する場合、会社からフィナンシャル・タイムズやエコノミストのランキングでベスト20位以内から選ぶこと、といった条件が付される場合があるようですが、このブログでは私費留学を前提としていますので、そのようなしがらみから自由に学校を選択することを推奨させていただきます。


経営学修士(MBA) ブログランキングへ
さて、MBAの選び方ですが、これは実は簡単で、「@自分が行けるビジネススクールのうち、A一番行きたいビジネススクールに行く」ということになります。

@の「自分が行けるビジネススクール」という条件は、
(i)、自分が入学できるビジネススクールであること
(ii)、自分が生活費、学費を支払えるビジネススクールであること
(iii)、自分が通える期間のコースであること
という条件にさらに分解できます。

GMATのスコアだとか、TOEFLのスコアだとかは、この内(i)の条件にのみ関係するものであり、MBA選び全体から見れば、たくさんの要素のうちのほんの一部でしかありません。にもかかわらず、これらがMBA受験の全てであるかのように語られる背景には、20代の社会人が社費で行く場合、(ii)と(iii)はほとんど問題にならないという事情があります。どうせ会社がお金を払ってくれて、卒業後は会社に戻れるので、費用がいくらかかろうが、卒業までに何年かかろうがどうでもよいです。学費10000米ドルを超え、期間も2年間に設定されているアメリカのビジネススクールは、基本的にそういう人たちを相手にしていると考えるべきです。ビジネススクールからしてみても、卒業後に就職の当てのない30代のおっさんを取るよりも、若くて会社でも有望株とみなされている20代の社費学生を採用するほうが、学校のレピュテーションに寄与すると考えるのは何ら不思議な事ではありません。

ですので、このブログの主要読者層である30代私費留学生には、アメリカのビジネススクールはあまりオススメできません(もちろん留学したいなら止めはしませんが。。)。30代私費留学生にとっては、むしろ(ii)(学費・生活費)および(iii)(期間)が重要な要素になってくるはずです。これらの要素は、むしろA「行きたいMBA」の方で考慮すべきではないかと考える人もいるかもしれませんが、それは明白に間違いです。いくらハーバードやINSEADといった一流ビジネススクールに合格したとしても、1000万円を超える学費を支払えなければ卒業はできないのですから、はじめの@「行けるビジネススクール」選びの中で、予算を超える学費の学校は排除しておくべきです。

奨学金を受ければ通えるじゃないかという声が聞こえてきそうですが、そもそも奨学金を取得できるのはごく限られた人だけです。また、奨学金は本来、若くて有望だが経済的援助が必要な学生を援助することで、将来社会に貢献してもらおうというのが基本コンセプトですので、30代の学生はそもそもその趣旨に沿わない場合が多いです。実際、日本国内で受けられる奨学金の幾つかは応募にあたって年齢制限を課しています。

ですので、30代の私費留学を狙う受験生は、まず、自分の予算の中で行ける学校を探すべきです。そして、実際に探してみると、学費500万円以内で、フィナンシャル・タイムズやエコノミストのランキングでも上位にランクしているヨーロッパの学校は結構あるものです。また、フィナンシャル・タイムズやエコノミストのランキングに入っていなくても自国内での評価が高いMBAも結構あります(追って紹介していきます。)。さらに言えば、ほとんどの日本人はヨーロッパのビジネススクールなどよく知りませんので(知っててせいぜいLBSとINSEADくらいです)、ランキング上位の学校をわざわざ狙う必要もあまりないと思います。例えばスペインのIESEビジネススクールとEADAビジネススクールはFTのランキングでは20位ほど離れていますが、日本で転職する場合、誰もスペインのビジネススクール事情など知りませんので、どちらの学校に行っても「スペインのMBA」という評価です(名前も似ていますし。)。

こうして、費用や期間の点で行ける学校を幾つかピックアップしたら、その中で自分が合格できそうな学校を選びます(i)。(i)は、学校が選考するので自分でコントロールできる部分は少ないのですが、自分でコントロールできる要素としては、GMATのスコア、TOEFLのスコア、エッセイ、推薦状があります。このうち、GMATとTOEFLのスコアアップのためにGMAT予備校、TOEFL予備校に多額の授業料を支払う人がいますが、これも30代私費受験生にとっては賢い選択ではありません。繰り返しになりますが、20代の社費受験生にとってはスコアアップのためにいくらお金をかけようとMBAを取得しさえすれば簡単にペイできますが、30代私費受検生にとっては、そんな無駄なことに費やすお金も時間もないはずです。必要最低限のスコアをちゃちゃっと取って、あとはアドミッションとの交渉でなんとかしましょう。必要最低限のスコアの取り方はこのブログの他の記事を参考にしてください。

続きます。
posted by しゃっきー at 06:17| Comment(0) | MBA選び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする