2016年06月21日

ビジネススクールランキング2016(金融学修士)

ィナンシャル・タイムズが、最新版のビジネススクールランキング(金融学修士)を発表しました。これは、金融学修士号(MSc in Finance)のランキングとなります。Pre experienceとPost experienceのランキングがありますが、Postの方は5校だけなので、前者のみ紹介します。


経営学修士(MBA) ブログランキングへ

IELTS ブログランキングへ

こちらはあくまで卒業生の就職率、サラリーおよび学校のダイバーシティを中心とした評価であり、アカデミックな実力を示すものではないことに注意が必要です。

1位 HEC Paris(フランス)
2位 ESCP Europe(フランス)
3位 IE Business School(スペイン)
4位 Edhec Business School (フランス)
5位 MIT: Sloan(米国)
6位 Esade Business School(スペイン)
7位 Essec Business School(フランス)
8位 University of St Gallen(スイス)
9位 Università Bocconi(イタリア)
10位 Skema Business School(フランス)
11位 University of Oxford: Saïd(イギリス)
12位 Grenoble Ecole de Management(フランス)
13位 Imperial College Business School(イギリス)
14位 Nova School of Business and Economics(ポルトガル)
15位 Peking University(中国)

こちらは、欧州ビジネススクールのランキングではなく世界ランキングです。にもかかわらず、トップ15位のうち13校をヨーロッパのビジネススクールが占める結果となりました。欧州外でトップ15位にランクインしたのは5位のアメリカのMITスローンと15位の中国の北京大学のみでした。欧州トップ校が、アメリカよりもダイバーシティを重視している点が影響しているのかもしれません。

特に注目すべきはフランスのビジネススクールの評価の高さです。トップ10に、HEC、ESCP Europe、EDHEC、ESSEC、Skemaの5校を送り込み、そのうち3校は、米MITスローン(5位)や、英オックスフォードサイードビジネススクール(11位)といったトップエリート校よりも高く評価されています。またトップ10以下でも、グルノーブル(12位)、EM Lyon(24位)、Neomaビジネススクール(30位)、ESC Rennes(45位)と多くの学校がランクインしており、フランスの金融学教育の国際的評価の高さが伺えます。

ランクインしたフランスの学校はすべて同国のトップ・エリートが進学する商業系グラン・ゼコールですが、その順位も興味深いものとなっています。フランスでは、伝統的に商業系グラン・ゼコールは、HEC、ESSEC、ESCP Europe、EM Lyon、EDHECが5大名門校と認識されていますが、国際的なビジネススクールの評価では、EDHECがHECに次いで2位(INSEADが含まれる場合は3位)にランクインすることが多くなってきました(例えばFTのグローバルMBAランキングや、エコノミストのランキングを参照。)。また、通常HECに次ぐ2位にランクインすることの多いESSECが4位となり、通常5大学校に次ぐ第二群に位置づけられるグルノーブルやSkemaがEM Lyonよりも高く評価されているのも、仏ビジネススクールの国内評価と国際評価の違いを表していて興味深いです。

3位と6位にはスペインのIEとESADEがそれぞれランクインしています。スペインのビジネススクールでは、この2校とIESEを加えた3校が御三家とみなされ、各種ランキングで拮抗した評価を得ていますが、この金融学修士ランキングではIESEはトップ50位に入っていません。代わりに、EADAビジネススクールが19位にランクインしています。スペインのビジネススクールは、高額な学費が私費留学生にとってネックとなっていますが、EADAビジネススクールは、前にも書いたとおり、学費も良心的なので、スペインのビジネススクールを考えた場合に検討の余地があると思われます。

その他の欧州ビジネススクールとして、8位にスイスのザンクトガレン、9位にイタリアのボッコーニ大学、14位にポルトガルのNovaがランクインしています。いずれもそれぞれの国内におけるトップスクールですが、スイスのビジネススクールランキングで通常トップとされるIMDや、同様にポルトガルのトップ校であるLisbonビジネススクールがランクインしていないのは、それぞれの学校・国の金融学修士とMBAに対する力の入れ方を示しているようで興味深いです。






posted by しゃっきー at 01:38| Comment(0) | 欧州MBAランキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月07日

欧州MBAランキング−フランス(フィナンシャル・タイムズ)

本日は、先日発表された2016年のフィナンシャル・タイムズMBAランキングを元に、フランスMBAのランキングを作成しました。


経営学修士(MBA) ブログランキングへ
IELTS ブログランキングへ

参考:フィナンシャル・タイムズのランキングを元にしたイギリスMBAランキングはこちらです
参考:エコノミスト誌のランキングを元にしたフランスMBAランキングはこちらです




※なおカッコ内はグローバルランキングです。

1位(1) インシアード
(INSEAD)
2位(15)HEC
(HEC School of Management)
3位(84)EDHECビジネススクール
(Edhec Business School)
4位(94)グルノーブル・ビジネススクール
(Grenoble Ecole de Management)

エコノミスト誌でのランキングと比較すると、1位から3位までの順位は同じですが、エコノミスト誌でフランス4位であったEM Lyonがランクインしていません。

EM Lyonにも通常のMBAコースはありますが、同校はむしろエグゼクティブMBA(Executive MBA)で有名な学校であるため、EMBAを評価対象としていないフィナンシャル・タイムズのランキングには入らなかったものと推察されます。

フランスMBAは伝統的にINSEADとHECが2枚看板でしたが、最近HEC以外のEDHEC、EM Lyon, Grenobleといったグランゼコールが運営するMBAコースもランキングに顔を出し始めました。

グランゼコールとは、以前も少し説明したとおり、フランスのエリート教育を担う機関であり、グランゼコールを卒業すれば国内で一生失業の心配をしなくて良いとまで言われています。その分入試は非常に高い競争率を誇り、また、教育も丁寧で質も高いとされています。日本では殆ど知られていませんが、ヨーロッパ内では高く評価されています。

ですので英米のよく知られていないビジネススクールに通うよりは、上記のようなフランスのトップビジネススクールに進学するのは良い選択肢かと思います(ご飯も英米よりおいしい)。

ちなみに、MBAと関係ないグランゼコールのランキングもフランスで毎年発表されています。ル・フィガロ(Le Figaro)ル・ポワン(Le Point)といった一般紙もランキングを発表していますが、教育専門誌であるレテュディアン(l'Etudiant)という雑誌のランキングが有名です。

もっとも、どのランキングでも基本的に上位5校の顔ぶれは大体同じで、HEC、ESSEC、ESCP Europe、EM Lyon、EDHECの5校が占めています。順位もだいたいこの順番のことが多いですが、3位から5位は変動することがあります。ですので、HEC,ESSEC、ESCPが御三家だという人もいれば、HEC、ESSEC、EM Lyon(EDHEC)だ、という人もいます。Grenobleは通常、6位か7位くらいにランクインします。

これらのグランゼコールランキングで10〜15位以内にランクインしている学校で、英語で受講可能な一般的なフルタイムMBAを提供している学校としては、ほかに、KEDGEビジネススクール、NEOMAビジネススクール、SKEMAビジネススクールなどがあります。
posted by しゃっきー at 11:26| Comment(0) | 欧州MBAランキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月06日

欧州MBAランキング−イギリス(Financial Times)

先日発表されたフィナンシャル・タイムズの2016年版MBAランキングを元に、イギリスのMBAランキングを作成しました。


経営学修士(MBA) ブログランキングへ
なお、エコノミスト誌を元にしたランキングはこちらです。



※カッコ内はグローバルランキングです。

1位(3) ロンドンビジネススクール
(London Business School)
2位(10)ケンブリッジ大学ジャッジビジネススクール
(University of Cambridge: Judge)
3位(28)オックスフォード大学サイードビジネススクール
(University of Oxford: Said)
4位(35)インペリアル大学ビジネススクール
(Imperial College Business School)
5位(35)ランカスター大学マネジメントスクール
(Lancaster University Management School)
6位(37)シティ大学キャスビジネススクール
(City University: Cass)
7位(38)マンチェスター大学アリアンスビジネススクール
(Alliance Manchester Business School)
8位(46)ウォリック大学ビジネススクール
(Warwick Business School)
9位(57)クランフィールド大学スクールオブマネジメント
(Cranfield School of Management)
10位(63)ストラスクライド大学ビジネススクール
(University of Strathclyde Business School)
11位(66)ダラム大学ビジネススクール
(Durham University Business School)
12位(92)バーミンガム大学ビジネススクール
(Birmingham Business School)
13位(98)リーズ大学ビジネススクール
(Leeds University Business School)
14位(98)エディンバラ大学ビジネススクール
(University of Edinburgh Business School)
15位(98)バース大学スクールオブマネジメント
(University of Bath School of Management)

エコノミストのランキングと比べると、まず、同誌のランキングで英国2位にランクインしていたヘンリービジネススクール(Henley Business School)と、同10位にランクインしていたノッティンガム大学ビジネススクール(Nottingham University Business School)が入っていません。

特にHenley Business Schoolは、エコノミスト誌で英国第2位にランクインしているにもかかわらず、フィナンシャル・タイムズでは100位以内に入っていないという結果になっています。

ただ、同じフィナンシャル・タイムズのEuropean Business School ランキングでは35位にランクインしています。

逆に、エコノミスト誌ではランクインしていないがフィナンシャル・タイムズでランクインしている大学は、
4位インペリアル大学ビジネススクール
5位ランカスター大学マネジメントスクール
7位マンチェスター大学アリアンスビジネススクール
12位バーミンガム大学ビジネススクール
13位リーズ大学ビジネススクール
14位エディンバラ大学ビジネススクール
です。いずれも大学自体が世界的にも高く評価されている学校ですので、これらのビジネススクールでMBAを取得すれば、日本で就職する上でも高く評価されるでしょう。

ランキングの中の特徴としては、前にも指摘したとおり、ケンブリッジとオックスフォードの差が徐々に開いていること、大学自体よりもビジネススクールが高く評価されている学校が高順位にランクインしていることが挙げられるでしょう。

ただ、一点目については、少なくとも日本で文系の職につく上で、ケンブリッジとオックスフォードの評価に大きな差はありませんので、ランキングの差は関係ないでしょう。

二点目については、英国MBAについて詳しくない人と話す場合、「ストラスクライド大学に留学していました」、「シティ大学でMBAを取りました」というよりも「ダラム大学に留学していました」「エディンバラ大学卒業です」と言った方がポジティブな評価が得られる可能性が高いでしょう。MBAに詳しくない人は、ロンドン・ビジネス・スクールさえ知りませんので。
posted by しゃっきー at 23:23| Comment(0) | 欧州MBAランキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月26日

欧州MBAランキング2016(フィナンシャル・タイムズ)

ファイナンシャル・タイムズの最新のグローバルMBAランキングが発表されました。
ヨーロッパのMBAを抽出したランキングがこちらです。(カッコ内はグローバルのランキング)
こちらは欧州ビジネススクールランキングと異なり、MBAコースのランキングとなります。


経営学修士(MBA) ブログランキングへ

上位はランキング常連校が占めました。1位のINSEADは、グローバルランキングでもハーバード大を押さえて初の1位に輝きました。フランスからは、他にHEC(欧州6位)、EDHEC(欧州25位)、グルノーブル(欧州27位)がランクインしています。INSEAD以外は、名門グランゼコールが運営するビジネススクールです。

スペインからはIE(欧州4位)、IESE(欧州7位)、ESADE(欧州8位)がランクインしています。順番は去年から関わっていませんが、IEとESADAがグローバルでの順位をキープしたのに対し、IESEはグローバルランキングを7位から16位に大幅に落としました。スペインのこの3つの学校の順位はFTとエコノミストでは毎回違っています

スイスからはIMD(欧州5位)とサンクトガレン(欧州20位)が、ドイツからはマンハイム(欧州18位)とESMT(欧州22位)がランクインしました。いずれも国内での評価が高い学校です。特にドイツのビジネススクールはこれから注目だと思います。

フィナンシャル・タイムズのランキングは、前にも書いたとおり、学校教育の質よりも、卒業生の卒業後の給料を重視しているという特徴がありますが、もう一つ、もともとイギリス発祥の新聞社であるため、イギリスおよびその植民地(カナダ、オーストラリア、インド、シンガポール)の学校が多くランクインしているという特徴があります。実際、アメリカおよびイギリス(及びその植民地)の国でランキングの大部分を占めており、3校以上ベスト100に送り込んだ国は、中国(7校)、フランス(4校)、スペイン(3校)のみです。

フィナンシャル・タイムズのお膝元であるイギリスからは当然多くの学校がランクインしています。

LBS以外は大学を母体とするビジネススクールです。今年の注目ポイントとして、ケンブリッジ・ジャッジがグローバルランキングを伸ばしたのに対し(13→10)、オックスフォード・サイードはランキングを落としています(22→28)。このままオックスブリッジの間の差が広がるのでしょうか。

また、以前にも指摘したとおり、イギリスのMBAについては大学の評価とビジネススクールの評価の逆転現象が起きており、大学の評価はそこまで高くないと言ってよいシティ大学、ストラスクライド大学、クランフィールド大学などが、ウォリック大学、ダラム大学、エディンバラ大学などの名門校と同等、またはより高く評価されています。

その他、リスボン大学(ポルトガル)、ユニバーシティ・カレッジ・ダブリン(アイルランド)、RSM(オランダ)など、小規模であるため卒業生が少なく、この種のランキングでは目立ちにくいものの、教育の質の点から評価の高い大学がぽつぽつとランクインしています。


1位(1) インシアード(フランス)
(INSEAD)
2位(3) ロンドンビジネススクール(イギリス)
(London Business School)
3位(10)ケンブリッジ大学ジャッジビジネススクール(イギリス)
(University of Cambridge: Judge)
4位(12)IEビジネススクール(スペイン)
(IE Business School)
5位(13)IMD(スイス)
(IMD)
6位(15)HEC(フランス)
(HEC School of Management)
7位(16)IESEビジネススクール(スペイン)
(IESE Business School)
8位(23)ESADEビジネススクール(スペイン)
(ESADE Business School)
9位(25)SDAボッコーニ(イタリア)
(SDA Bocconi)
10位(28)オックスフォード大学サイードビジネススクール(イギリス)
(University of Oxford: Said)
11位(35)インペリアル大学ビジネススクール(イギリス)
(Imperial College Business School)
11位(35)ランカスター大学マネジメントスクール(イギリス)
(Lancaster University Management School)
13位(37)シティ大学キャスビジネススクール(イギリス)
(City University: Cass)
14位(38)マンチェスター大学アリアンスビジネススクール(イギリス)
(Alliance Manchester Business School)
15位(40)リスボン大学(ポルトガル)
(The Lisbon MBA)
16位(42)エラスマス大学ロッテルダムスクールオブマネジメント(オランダ)
(Rotterdam School of Management, Erasmus University)
17位(46)ウォリック大学ビジネススクール(イギリス)
(Warwick Business School)
18位(49)マンハイム大学ビジネススクール(ドイツ)
(Mannheim Business School)
19位(57)クランフィールド大学スクールオブマネジメント(イギリス)
(Cranfield School of Management)
20位(60)サンクトガレン大学(スイス)
(University of St Gallen)
21位(63)ストラスクライド大学ビジネススクール(イギリス)
(University of Strathclyde Business School)
22位(64)ESMT(ドイツ)
(ESMT - European School of Management and Technology)
23位(66)ダラム大学ビジネススクール(イギリス)
(Durham University Business School)
24位(79)ユニバーシティ・カレッジ・ダブリン・スマーフィットビジネススクール(アイルランド)
(University College Dublin: Smurfit)
25位(84)EDHECビジネススクール(フランス)
(Edhec Business School)
26位(92)バーミンガム大学ビジネススクール(イギリス)
(Birmingham Business School)
27位(94)グルノーブル・ビジネススクール(フランス)
(Grenoble Ecole de Management)
28位(98)リーズ大学ビジネススクール(イギリス)
(Leeds University Business School)
28位(98)エディンバラ大学ビジネススクール(イギリス)
(University of Edinburgh Business School)
28位(98)バース大学スクールオブマネジメント(イギリス
(University of Bath School of Management)
posted by しゃっきー at 09:38| Comment(0) | 欧州MBAランキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月28日

欧州MBAランキング−イギリス

※追記あり
グローバルMBAランキングとしてもっとも参照されるランキングであるEconomistの2015年ランキングをもとに、イギリス国内のMBAランキングを作成しました(カッコ内はグローバルの順位)。

経営学修士(MBA) ブログランキングへ

留学 ブログランキングへ
1位(18)ウォリックビジネススクール
University of Warwick – Warwick Business School
2位(22)ヘンリービジネススクール
Henley Business School
3位(24)ロンドンビジネススクール
London Business School
4位(48)ストラスクライドビジネススクール
University of Strathclyde – Strathclyde Business School
5位(52)クランフィールドスクールオブマネジメント
Cranfield School of Management
6位(54)シティ大学キャスビジネススクール
City University – Cass Business School
7位(61)ケンブリッジ大学ジャッジビジネススクール
University of Cambridge – Judge Business School
8位(64)バース大学スクールオブマネジメント
University of Bath – School of Management
9位(68)ダラム大学ビジネススクール
Durham University – Durham University Business School
10位(74)ノッティンガム大学ビジネススクール
University of Nottingham – Nottingham University Business School

イギリスのビジネススクールが、フランス、スペインといったヨーロッパの他の国と比べて違うことは、イギリスの大学は日本でも結構知られているところが多いという点です。ですので、その中であまり知名度のない学校を選ぶと、日本に帰ってきてから人に話した時に「聞いたことないなあ」感が強くなってしまうというリスクがあります。

上記のランキングに入っている大学で、日本でも知られている大学といえば、1位のウォリック大学(ワーリックとは読みません。)、3位のロンドンビジネススクール、7位のケンブリッジ大学、8位のバース大学、9位のダラム大学くらいでしょうか。他の学校は、イギリス留学を検討したか、知人に留学した人がいないとなかなか知らないと思います。

1位のウォリック大学はイギリスの名門大学の1つです。ビジネススクールが評価され始めたのは最近ですが、学部はイギリス国内でも高く評価されています。どのようなランキングかにもよりますが、大体ベスト10には入ると思います。ビジネススクールの学費は57,267米ドルと高めの設定です。クラスサイズは50名程度、平均GMATスコアは656点とやや高め、平均年齢は30歳です。今年のエコノミストでは高いランクになっていますが、MBAの評価はまだ大学学部の評価にぎりぎり追いついていないと思われますので、狙うなら今のうちだと思います。

2位のヘンリービジネススクールはレディング大学(Reading University)の運営するビジネススクールであり、世界的にはこのように高く評価されていますが、レディング大学自体はイギリス国内の総合ランキングでベスト30くらいでしょうか。日本ではほとんど知られてないと思います(知らない人はリーディング大学と読む。)。その意味で、日本人の中での競争率は低いかもしれません。学費は51,606米ドルです。平均GMATは600点です(ただし、Henley Business Schoolはイギリスのトップビジネススクールでは珍しくGMATなしで受験可能です。)。一学年のサイズは40〜50人程度と少人数です。平均年齢はエコノミストでは33歳となっています。ロンドンから少し離れていますが、離れすぎていない立地も○。広大なキャンパスはいかにもイギリスの大学風で、好きな人は好きかもしれません。GMAT不要のトップスクールとしておすすめの学校です。

4位のストラスクライド大学も同様に日本ではあまり知られていない学校です。イギリスというかスコットランドの大学です。学費は46,612米ドルです。平均GMATスコアは610点、クラスサイズは50人程度、平均年齢は30歳程度です。日本での知名度はレディング大学よりも更に低いと思いますが、世界的には評価されているということをアピールできれば、日本の就職でも有利に働くでしょう。StrathclydeもHenleyと同じくイギリスで狙い目のビジネススクールです。ただ、スコットランドではエディンバラ大学の方が大学の評価は高く、日本での知名度も高いので、エディンバラを目指すのも良いと思います(ただし、やはりビジネススクールは始まったばかりです。)。

5位のクランフィールドは、大学のレベルで言うと大体イギリスで20位以内に入るか入らないかというくらいの大学ですが、MBAは高く評価されています。これは2位のヘンリービジネススクールや、6位のキャスビジネススクールも同じなのですが、運営主体の大学よりもビジネススクールの方が相対的に高く評価されているパターンです。国内評価と国際評価に差があると言い換えてもいいかもしれません。これは、これらの大学(新興であることが多い)が早い段階からビジネススクールに集中的に資本投下し、エコノミストやフィナンシャル・タイムズのランキング手法で高く評価されるよう学校の改良を進めてきたからにほかなりません。逆に、オックスブリッジやダラム大学などは、大学自体が長い伝統を兼ね備えた名門とみなされているため、ビジネススクール経営については最近まであまりまじめに取り組んでこなかったと言えます。これが、特にイギリスにおいて大学自体の国内評価とビジネススクールの国際評価の間に逆転現象が起こっている理由かと思います。

これを踏まえ、イギリスのビジネススクール選びの戦略としては、@大学自体は有名だが、ビジネススクールの評価はまだ低い学校を狙う、または、A大学自体の知名度は低いが、ビジネススクールは高く評価されている学校を狙う、という2つの戦略が考えられます。

@に当てはまる大学としてはダラム大学、ウォリック大学、エディンバラ大学、バース大学、エクスター大学、ランカスター大学、バーミンガム大学などがあります。これらはイギリス国内の名門大学ですが、ビジネススクールというとあまり有名ではありません。少し前まではオックスブリッジもこのカテゴリだったかと思いますが、ここ最近はビジネススクールも高く評価されていますので、名実ともに難関校になってしまいました。ウォリックもすでにビジネススクールの評価が大学の評価に追いつきつつあり、今後入学難易度がさらに高まってくると思われます。

Aに当てはまる大学としては、レディング大学、クランフィールド大学、シティ大学が挙げられるでしょう。

どちらが正解というわけではないですが、せっかく日本でも(MBA受験生界隈でなく、世間一般に)知られた大学に入れるチャンスが有るのであれば、@の大学群に入った方がいいと思います。このブログでは帰国後は日本で就職することを前提に、(海外ではなく)日本における、(ビジネススクールだけでなく)運営大学の知名度を重視することを基本スタンスとしているからです。

なお、@の大学群は、たまたま現在ビジネススクールの評価が大学の評価に追いついていないだけで、いずれその差はビジネススクールの合格難易度が上昇して消滅してしまうことが予想されますので、狙うなら早い方がいいです。

上記のランキングに入っていない学校では、ロンドン大学を構成するロンドン・スクール・オブ・エコノミクス(LSE)、キングス・カレッジ・ロンドン(King'sないしKCL)、ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン(UCL)が有名ですが、これらの大学はMBAプログラムを置いていません(LSEは他校と合同でEMBAプログラムを置いています。)。

イギリスのビジネススクールはロンドンビジネススクールを除きほとんど9月または10月始まりの1年間コースです。ただ、学費は他のヨーロッパの学校に比べると高めであり(ポンドが高いせいもある)、特に都市部は家賃も高いので、全体コストは高くなると思います。また、全体的に日本より寒い都市が多く、ご飯もまずいです。ただ、街中どこでも英語が使えるというメリットはあります。家族連れで留学する場合、こういった事情も学校選びの重要な要素になると思います。

イギリス大学院MBA留学体験記



イギリス留学VISAや引越し手続き、入国手続についてはこの本が参考になりました。

posted by しゃっきー at 01:52| Comment(0) | 欧州MBAランキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。