2015年03月23日

TOEFL100点突破のためのSpeaking対策

TOEFLのSpeakingセクションも、対策が立てにくいセクションの一つです。結局経験を積むしかないのですが、IELTSのSpeakingセクションとの違いとして、問題がある程度予想できるというのがあります。そのため、予め答えを準備しておいてそれをしゃべるというのが、純ドメスティックにとって目標スコア達成の一番の早道です。

240 Speaking Topics with Sample Answers (120 Speaking Topics) (English Edition)


120 Speaking Topics with Sample Answers (English Edition)


この本は、TOEFLに頻出のトピックとそれに対する回答が大量に準備されています。使われている表現もこなれている割に、現実的(つまり超難しくない)で、おすすめです。ペーパーバック版もありますが、Kindle版を買って、スマホやタブレットで暇な時に(できれば声に出して)読みまくるのがオススメです。これだけでも、かなりスピーキングスコアが伸びます。
一冊1000円くらいなのにかなりボリュームが有りますのでコストパフォーマンスは最高です。


240 Basic Speaking Topics (120 Basic Speaking Topics) (English Edition)

上記の2冊で物足りない人はこちらのシリーズもどうぞ。

TOEFL TEST対策iBTスピーキング



日本語のスピーキング対策本として昔からある本。若干問題形式が今のものと異なるのと、無駄な記述が多い(ダメなスピーキングの例など)のが若干難点です。
posted by しゃっきー at 23:13| Comment(0) | TOEFL Speaking | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする