2016年07月11日

IELTS対策 単語集

前の記事にも書いたとおり、最近では、MBA留学の英語テストとしてTOEFLではなくIELTSを選択する受験生が増えてきました

ただ、これまではIELTSの受験対策本といえば、英語で書かれたものが中心であり、初学者の方にはハードルが高く感じられていました。しかし、最近のILETS受験者の急増を受け、IELTS対策用の日本語で書かれた参考書・問題集も増えてきました。

そこで今回は、IELTS対策用のおすすめ単語集を幾つか紹介します。問題演習などは基本的に英語の参考書でも問題ないのですが、単語の勉強だけは、絶対に日本語で書かれた単語集の方が効率がいいと思います。

どのような試験を受けるにせよ、英語の勉強においては単語を覚えること(ボキャブラリービルディング)は、最初にして最大の課題と言っても言い過ぎではないでしょう。それにもかかわらず、これまで、IELTS対策用単語集については、決定版がない状態でした。

そのため、多くの受験生は、TOEFL対策用単語集の定番であるこちらの本を使用していました。おそらく、IELTS受験生の少なくない割合が、TOEFLからの転向組であったことも影響しているでしょう。

【CD3枚付】TOEFLテスト英単語3800 4訂版 (TOEFL(R)大戦略)


この本(3800)は、TOEFL受験生の間で長らく定番として使われており、TOEFL頻出単語を、重要な順番で並べたものですが、IELTS対策においても十分役に立ちます。実際筆者もTOEFLからの転向組で、単語の勉強はこの本を使いましたが、それでもIELTSのリーディングを読むのには十分であり、Readingのセクションでは9.0か8.5を安定して取れていました。ですので、すでに3800で勉強を進めてきた人は、引き続き3800を使い続けてよいと思います。

TOEFL3800に代わって、最近IELTS対策単語集の定番の地位を占めつつあるのが、こちらの実践IELTS英単語3500です。
実践IELTS英単語3500


IELTSとTOEFLで求められる語彙力の差の一つとして、IELTSにおいては、リーディングだけでなくライティングとスピーキングでも語彙力が重視されていること、取り分け、ライティングとスピーキングのいずれでもパラフレーズ(言い換え)の能力が重要である点が挙げられます。

この点に対応するため、実践IELTS3500では、単語の類義語・同意語(シノニム)が豊富に紹介されています。これにより、意味の似ている単語をまとめて覚えることが出来ます。また、紹介されている例文も、そのままライティングで使えそうな文章が使われており、単語の意味だけでなく、使い方を勉強する上でも便利です。細かい点ですが、付属CDの読み上げがイギリス英語である点も、リスニング対策の役に立つと思います。

最近新たに出版されたIELTS向け単語集がこちらです。
IELTS必須英単語4400


タイトルが、IELTS必須英単語4400と、上記2冊に比べて多いように感じますが、4400のうち1100は英熟語です。ですので、単語数だけで言えば上記2冊と変わらないか少し少ないくらいです。まだ発売されたばかりで評価は定まっていないという印象ですが、上記3500と合わせて、IELTS単語勉強の定番参考書になると思います。

3500と4400のどちらを使うべきかは悩むところです。書店で両方を見比べてみて自分に合った方を選ぶのが一番だと思いますが、実物を見ずに買おうとしている場合、このブログでは3500の方をおすすめします。


セルフスタディIELTS必須ボキャブラリー


上記3冊と若干毛色が違うのが、このセルフスタディIELTS必須ボキャブラリーです。ボキャブラリーと銘打っていることから、役割としては単語集と同じなのだが、この本の特徴として、単なる単語集ではなく、単語に関する問題を解きながら、単語を覚えていくという構造になっていることです。時間をかけてじっくり勉強していけば、独学だけでもかなりの語彙運用力を身につけることができると思います。

ただ、MBA受験に関して言えば、この本で勉強するのはやや非効率かもしれません。MBA受験生はほぼみんな忙しい会社で働いていますので、英語の勉強に割ける時間は1日のうちわずかです。多くの受験生は、出勤中の電車の中や、昼ごはんの余った時間といった時間を効率的に使って英語の勉強をしていると思われます。このような細切れ時間では、単語の問題を頭からじっくり解いていくというのは難しいです。それよりは、5分であれば5分の内に英単語5こ覚える、といった時間の使い方の方が有効でしょう。したがって、本書を使った学習に向いているのは、学生か、十分に時間のある社会人だと思います。


posted by しゃっきー at 10:56| Comment(0) | IELTS 参考書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月16日

IELTS対策に絶対欠かせないおすすめ問題集

IELTSの公式過去問題集の最新版が発売されています。これからIELTS受験対策を始める初学者はもちろん、経験者も絶対買うべき問題集ですので、ケチらずに購入しましょう。特に、スピーキングやライティングの問題は受験対策する上で参考になります。


経営学修士(MBA) ブログランキングへ
IELTS ブログランキングへ

Cambridge IELTS 11 Academic Student's Book with Answers with Audio: Authentic Examination Papers (IELTS Practice Tests)


なお、オーディオが付属していない版も出ていますが、公式過去問題集の価値の半分はオーディオにありますので、必ずオーディオ付きを選びましょう。

IELTSの問題傾向は昔から大きく変わっていないので、過去のIELTS公式過去問題集も参考になります。これから初めてIELTSを受験する初学者の方は、最新版だけでなく、過去のIELTS公式問題集もできるだけ入手すべきです。10と9のリンクを貼っておきますが、探せばもっと前のバージョンも購入できます。ただし、中古だとCDがついていなかったり、書き込みがあったりする場合があるので(特にebayなど海外のサイトを使う場合)、注意が必要です。

Cambridge IELTS 10 Student's Book with Answers with Audio: Authentic Examination Papers from Cambridge English Language Assessment (IELTS Practice Tests)


Cambridge IELTS 9. Self-study Pack (Student's Book with answers and 2 Audio CDs)


なお、ここではIELTS「公式」過去問題集と便宜的に呼んでいますが、これらは正確に言うとIELTSの実施団体の一つであるCambridge English Language Assessmentが出版している過去問題集です。

別の実施団体であるブリティッシュ・カウンシルの「公認」問題集も出版されています。こちらは日本語で書いてあり、初学者にはとっつきやすいので、IELTSテストの全貌を掴むために購入するのはよいですが(値段も安い)、問題が実際のものよりも易しめなので、MBA受験者がこれだけでIELTS対策するには向いていないかもしれません。
IELTSブリティッシュ・カウンシル公認問題集


IELTSの全体像を掴むだけであれば、AGOSなどのMBAの受験予備校が体験講座を無料で提供しているので、そちらに出席した方が、より実践的なアドバイスも貰えて効果的でしょう。ただし当然ながら授業の後に(高額な)講座の宣伝があります。
posted by しゃっきー at 22:36| Comment(0) | IELTS 参考書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月23日

IELTS7.0突破のためのおすすめ参考書A

IELTSおすすめ参考書@に続いて、分野別の参考書を挙げていきます。


IELTS ブログランキングへ

IELTS英単語
【CD3枚付】TOEFLテスト英単語3800 4訂版 (TOEFL(R)大戦略)


IELTS対策と言っておきながら、TOEFLの本を挙げていますが、結局この本に掲げられている単語はIELTSでも必須となります。逆に、TOEFLからの移行組は、特に新たに単語集を買う必要はないと思います。


実践IELTS英単語3500


こちらはIELTSに特化したことを謳った単語集です。はじめからTOEFLではなくIELTSを受験するつもりの人は、こちらを買うのがよいと思います。

単語集は一度しか買わないので、書店でパラパラ見て、覚えやすそうなものを買うのがいいと思います。
なお、本ではありませんが、ウェブサービスのiKnowもおすすめです。

ラベル:IELTS 参考書
posted by しゃっきー at 02:40| Comment(0) | IELTS 参考書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

IELTS7.0突破のためのおすすめ参考書@

多くの学校が英語の条件としてTOEFLだけでなくIELTSを受け入れ始めた結果、IELTS関連の本も増えてきました。
今日は、その中でも最もオススメの本を幾つか紹介します。
TOEFLの場合はコンピュータで受験しますので、本番対策もコンピュータで行うのが効率的です。逆に、本をベースにした勉強だと、本番と形式が違うのでとまどうことになります。
これに対して、IELTSはTOEFLと違い、紙ベースの試験です。これが何を意味するかというと、紙の本を使った勉強で十分対策できるということです。したがって、どの本で勉強するかが非常に重要になります。


IELTS ブログランキングへ

Cambridge IELTS シリーズ(公式問題集)
過去に実際に使われた問題が載っている公式問題集です。独学で勉強している人にとってはバイブルと言っていいです。
現在、第10巻が最新ですが、過去のものであっても十分参考になりますので、ネットで見つけられたものは揃えるようにしましょう。過去のものとだと現行の試験と傾向が異なるという声もありますが、公式ということでもっとも信頼できるのはこの本になります。少なくとも6巻くらいまでは現行試験と大きく変わらないと思っていいでしょう。

E Bay等でも中古の物が売っているようですが、中古品は書き込み等がある場合があります(私が買ったのがそうでした。)。返品しようにも海外が相手だと面倒くさいので、潔く新品を買うのがいいと思います。。
また、CDが付属していないバージョンも売っていますが、CDがこの本の肝なので、CD付きを買いましょう。

Cambridge IELTS 10 Student's Book with Answers: Authentic Examination Papers from Cambridge English Language Assessment (IELTS Practice Tests)


Cambridge IELTS 9 Self-study Pack (Student's Book with Answers and Audio CDs (2)): Authentic Examination Papers from Cambridge ESOL (IELTS Practice Tests)


Cambridge IELTS 8 Self-study Pack (Student's Book with Answers and Audio CDs (2)): Official Examination Papers from University of Cambridge ESOL Examinations (IELTS Practice Tests)


Cambridge IELTS 7 Self-study Pack (Student's Book with Answers and Audio CDs (2)): Examination Papers from University of Cambridge ESOL Examinations (IELTS Practice Tests)


Cambridge Ielts 6 Self-study Pack: Examination Papers from University of Cambridge Esol Examinations: English for Speakers of Other Languages with 2 Audio CDs (IELTS Practice Tests)


Camb IELTS 5 Self Study Pack Self Study Pack (IELTS Practice Tests)




ラベル:参考書 IELTS
posted by しゃっきー at 02:26| Comment(0) | IELTS 参考書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。