2016年01月30日

MBA学費資金の調達方法

以前にも書いたとおり、MBA私費留学にとって一番の難関はいかに高額な学費と生活費を含む留学資金を確保するかでしょう。前回の記事では、留学資金の調達方法として、大きく

1.他人のお金で賄う。

2.自己資金で賄う。

があることを紹介し、そのうち、1の他人のお金で賄う方法として、奨学金と教育ローンを紹介しました。


経営学修士(MBA) ブログランキングへ

このうち、MBA留学に使える奨学金のうち代表的なものとして、フルブライト奨学金伊藤国際教育財団奨学金平和中島財団奨学金および日本学生支援機構の奨学金があることを紹介しましたが、奨学金のデメリットとして、不確実性が高いこと、応募のハードルが高い事が挙げられます。

また、教育ローンについては、代表的なものとして、日本政策金融公庫千葉銀行の教育ローンを紹介しましたが、教育ローンのデメリットとして、基本的に日本で働き続ける人(継続して収入がある人)に借入人になってもらう必要があるというデメリットがあります。

MBA奨学金と教育ローンについてはまた改めて詳しく書きたいと思いますが、この2つ以外に、留学資金を確保する方法としては、以下のものがあります。









3.ビジネススクールのローン/奨学金制度を利用する。

4.フリーローンを利用する。

という方法があります。

3.ビジネススクールのローン/奨学金制度を利用する。


多くのビジネススクールでは、優秀な学生を確保するために学校独自のローン・奨学金制度を用意しています。これらに応募し、もし奨学金をGETできれば、経済的な負担はだいぶ楽になります。これらの制度は、選考基準として、GMATの成績を重視するものが多いです。あとは、ダイバーシティの観点から、マイノリティ出身のアプリカント向けの奨学金なども用意されています。

デメリットとしては、学校からオファーをもらうことが前提なので、不確実性が高いことが第一に挙げられます。例えば、学費は高いけど、奨学金を貰えれば通えるトップスクールに出願し、合格はしたけど奨学金をもらえませんでした、ということになったら、諦めるに諦めきれません。

また、これらのローン・奨学金制度の趣旨は、優秀な学生を入学させることにあるので、自分の実力よりも下の学校からの方がオファーが出やすいという点もデメリットと感じる人がいるかもしれません。実際、一度でもQSのMBAフェアに参加すると、その後、無名のビジネススクールから、奨学金があるから応募してくれというメールが毎週のように届くようになります。

4.フリーローンを利用する。


フリーローンとは、銀行やノンバンクが扱っている、用途を定めないローン商品の総称です。多くのローンは、自動車ローン、不動産ローン、教育ローンなどと、お金の使いみちが貸し手によって定められていますが、フリーローンは目的を限定せず、様々な用途に使うことが出来ます。また、多くの場合無担保での貸付です。ですので、留学資金が本当に足りない場合、フリーローンを使うことも考えられます。

ただ、フリーローンのデメリットとして、無担保であることから、融資額が小さく、留学資金全部を賄うのは難しいという点が挙げられます。ですので、あくまで自己資金で足りない分の補填という位置づけになります。

また、返済方法について、フリーローンは貸付の翌月から返済が始まりますので、留学期間中の返済額はきちんと日本の銀行口座に残しておく必要があります。したがって、借りた金額すべてを留学期間中に使いきってしまうと問題があります。

なお、フリーローンを借りるには、借り入れ時点で継続的な収入があることが必要条件です。したがって、MBA留学をするために会社をやめた後はもう借りられませんので気をつけてください。

詳しい借り入れの条件については下記のサイトを覗いてみてください。











ゼロからのMBA (新潮文庫)
ゼロからのMBA (新潮文庫)
" target="_blank">著者はNHKをやめてコロンビアに留学し、帰ってきてからMBAについていろいろ書いている人です。
posted by しゃっきー at 11:25| Comment(0) | MBA学費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: