2016年01月06日

IELTSスピーキング攻略法4 おすすめ英会話教室

前回までで、IELTSスピーキング攻略のための考え方について書きましたが、今回は、実践的な練習方法について書きたいと思います。

IELTSのスピーキングは独学が最も難しいセクションといえるかも知れません。その理由のの一つは、テストが試験官との1対1での会話形式で行われることです。

普段、外国人と接する機会がない人にとっては、外国人と英語で会話するというだけで緊張してしまい、思ったことがスムーズに言えなくなってしまいます。

IELTSのスピーキングセクションの試験時間は15分ほどです。この内、実際に喋る時間は半分から3分の1程度です。

この短い時間に、自分の言いたいことを英語でうまく表現し、自分の実力を出しきることは至難の業です。ですので、スピーキング対策の最も有効な方法は、実際に外国人と喋ることです。

そのための最も安価で効率的な方法がオンライン英会話です。最近はオンライン英会話の会社が百花繚乱で選ぶのが非常に難しいです。以前、たくさんあるオンライン英会話の会社の中で運営のしっかりした会社を幾つか紹介しましたが、今回は特にレアジョブとベストティーチャーを紹介します。

オンラインレッスンのレアジョブ英会話




レアジョブは、オンライン英会話の草分け的存在です。講師の質・量とも兼ね備えており、初めてオンライン英会話をするのであればレアジョブがおすすめです。講師にあらかじめIELTS対策がしたいと申し出れば、IELTS向けの課題を出してくれます。

世界15カ国以上の講師から学びたいならベストティーチャー(Best Teacher)




ベストティーチャーは、オンライン英会話の中では授業料が高めに設定されていますが、その分サービスの質は非常に高いです。IELTSに特化したサービスもあり、忙しいMBA受験生が選択するオンライン英会話サービスの定番になりつつあります。

もう一つ、オンライン英会話ではなく英会話スクールですが、NOVAもおすすめです。
英会話のNOVA 安心の月謝制





NOVAはかつて強引なセールスで批判され倒産しましたが、復活したNOVAはかなり良心的な英会話塾に生まれ変わっています。何よりも優れているのはスケジュールの柔軟性です。毎月1万円で月四回、いつでも、好きな教室でレッスンを受けることが出来ます。もちろんコマが埋まっている場合には予約できませんが、早めに予約すれば十分レッスンを確保することが出来ますし、空いていれば当日でも参加できます。また、教室も都内にたくさんあるので、平日は会社近く、休日は自宅近くの教室に通うことも可能です。IELTS専門のコースはありませんが、レベルが高くなると、講師からあるトピックについて意見を求められたりしてディスカッションすることもありますのでIELTS対策として有効だと思います。

これらのスクールで毎日30分ずつ練習すれば、本番でも臆せず話すことができると思います。ただし、毎日レッスンを受けていても、毎回同じことばかり話してもしょうがないので、レッスンを受ける前に表現や単語などを勉強し、会話の中で試してみて、自分のものにしていく努力が必要です。
posted by しゃっきー at 10:19| Comment(0) | IELTS Speaking | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。